小嵐豆@Superboy-Arashi
嵐由Jr到現在超過2千張嵐的圖/相片、手提鈴聲、秘密、最新消息、下載(會員區/ScreenSaver/wallpapers)新聞、中文+羅馬歌詞、推出過的精品、成員介紹、番組、演唱會和出道至今的行程表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐が被災地でミニライブ、歌で勇気づけた!
「嵐」が22日、東日本大震災の被災地である宮城県七ケ浜町でミニライブを行った。メンバー5人がそろって被災地を訪れるのは震災後初めて。

 ライブ前には同町の仮設住宅や、津波の爪痕が残る石巻市街を訪問し、松本潤(28)は「仮設住宅や、がれきが今なお積まれているところを見て、まだまだ復旧・復興には時間が必要と感じた」と話した。公演では「Happiness」など11曲を披露。この模様は、3月7日に日本テレビで3時間にわたって放送される音楽特番「日テレ系音楽の祭典 音楽のちから 2012」(後7・00)で紹介される。同番組は櫻井翔(30)が司会を担当。


人気グループ、嵐が22日、昨年の東日本大震災で甚大な津波被害に遭った宮城・七ヶ浜町でミニライブを行った。嵐が被災地でライブを開催するのは初めてで、公演前には仮設住宅も訪問して被災者と触れ合った。

 「音楽のちから2012」は都内スタジオからの生ライブを中心に、槇原敬之(42)、一青窈(35)、平原綾香(27)、トータス松本(45)の4人は被災地・仙台のライブハウス、Zepp Sendaiから生中継で出演する。また櫻井は、震災から1年の3月11日に放送する同局系報道特番「復興テレビ みんなのチカラ 3・11」(第1部後0・45~5・25、第2部後6・0~6・55)に、被災地から生出演することも決定した。


嵐の5人が22日、東日本大震災の被災地、宮城県七ケ浜町を訪れ、ミニライブを行った。メンバー全員での被災地訪問は初めてで、この模様は3月7日、日本テレビ系「日テレ系音楽の祭典 音楽のちから2012」(午後7時)で放送される。同番組は3時間の生放送で、被災地と中継を結びながら福山雅治、ゆず、AKB48ら人気アーティストが応援歌を届ける。

 櫻井翔(30)は「仮設住宅ではテレビしか楽しみがないとうかがったので、今回の放送で元気を届けたい」。同番組の総合司会を務める櫻井は、3月11日放送の報道特番「復興テレビ みんなのチカラ 3・11」でもキャスターとして被災地から生出演する。


人気グループ・嵐が22日、東日本大震災被災地の宮城県・宮城郡七ケ浜町の七ケ浜国際村で、ミニライブを開催し、ヒット曲「Happiness」や3月発売の新曲「ワイルド アット ハート」など11曲を熱唱、招待した被災者約500人を歌で勇気づけた。

 震災後はメンバー個々が被災地を訪ねたことはあるが、5人そろって足を運んだのは初。音楽を通じて被災地にできることを探していたメンバーの希望により実現した。

 ライブ前には宮城県石巻市や七ケ浜仮設住宅を訪問し、被災者と触れ合った5人。松本潤(28)はライブ終了後に「感極まって涙を流している方も見えた。最後に笑顔になっているのを見て、音楽のちからってすごいなと思いました」とジーン。

 今回のライブの模様は、メンバーの櫻井翔(30)が総合司会を務める3時間生放送「日テレ系音楽の祭典 音楽のちから2012」(3月7日放送 水曜、後7・00)で放送予定。櫻井は「仮設住宅ではテレビしか楽しみがない、というお話も伺った。今回の3時間の生放送で被災地の方々にも元気を届けたい」と思いを込めて話した。


アイドルグループ嵐が22日、初めて5人全員で東日本大震災の被災地を訪問し、宮城県七ケ浜町の七ケ浜国際村でミニコンサートを行った。訪問の模様は、3月7日午後7時から日本テレビ系で3時間生放送する「日テレ系音楽の祭典 音楽のちから 2012」で紹介される。

 メンバーはそれぞれ出演番組のロケやプライベートの支援活動で被災地に足を運んできたが、全員で訪問するのは初めて。「被災した方のために音楽で何ができるだろう」と考えてきた5人が、同番組の企画でコンサートを行うことになった。 岩手、宮城、福島の3県の仮設住宅で暮らす被災者から抽選で約500人を招待。「Happiness」など11曲を熱唱し、大野智(31)は「パワーを感じた。みんな元気で笑顔がすばらしかった。むしろ嵐が元気をもらったくらい、いい空間でした」と感激していた。

 コンサートの前には、今も津波の爪痕が生々しく残る石巻市内を歩いた。相葉雅紀(29)は「積み重なるがれきを目の当たりにして、言葉になりませんでした」と沈痛な面持ち。同町の仮設住宅で被災者と触れ合った松本潤(28)は「少しでも前向きで明るい気持ちになれる時間を提供できたら」と嵐としての決意を明かした。

 同番組には、震災から1年の思いを込めて豪華アーティストが集結。嵐やaiko、AKB48、KAT-TUN、福山雅治らが同局と被災地から生でパフォーマンスを届ける。総合司会を務める櫻井翔(30)は「仮設住宅のお年寄りの方から、テレビしか楽しみがないという話もうかがいました。3時間の生放送で、被災地の方々にも元気を届けたい」と決意を語った。

 櫻井は、3月11日放送のNNN報道特番「復興テレビ みんなのチカラ 3.11」にも、キャスターとして被災地から生出演する。


人気グループ、嵐が22日、昨年の東日本大震災で甚大な津波被害に遭った宮城・七ヶ浜町でミニライブを行った。嵐が被災地でライブを開催するのは初めてで、公演前には仮設住宅も訪問して被災者と触れ合った。この模様はメンバーの櫻井翔(30)が総合司会を務め、震災復興支援のメッセージを送る日本テレビ系3時間音楽特番「音楽のちから2012」(3月7日後7・0)で放送される。

 「パワーを感じました。むしろ嵐が元気をもらったくらい、いい空間でした」と、リーダーの大野智(31)。嵐として初の被災地ライブ。5人は充実感に満ちた感慨深げな表情をみせた。

 太平洋に面し、甚大な津波被害を受けた七ヶ浜町の七ヶ浜国際村ホールで、東北3県の被災者約500人を無料招待し、午後6時からミニライブを実施した。新曲「ワイルド アット ハート」など11曲を1時間にわたり熱唱。来場者全員と握手を交わし、直接触れ合った。

 松本潤(28)は「後ろのお客さんのリアクションも細かく分かった。感極まって涙を流している方も見えました」と感激し、「最後に笑顔になっているのを見て、音楽の力ってすごいなと思いました」と力を込めた。

 個別に何度か被災地を訪れた経験のある5人。しかし、相葉雅紀(29)は「積み重なるがれきを目の当たりにして、言葉になりませんでした」。約1年後も深い傷跡が残る被災地の現状に表情を曇らせる。

 ライブに先立ち、同町内の仮設住宅に入居する被災者家庭も訪問。櫻井は70歳と80歳の高齢者と話をする機会を得た。「『音楽を聴いている時は嫌なことを忘れられる』とか、『仮設住宅だとテレビしか楽しみがない』という話もうかがった」と明かし、「今回の番組で被災地の方々に元気を届けたいと思った」と改めて誓った。

 その番組「音楽のちから2012」は3月7日に放送。櫻井が総合司会を務め、嵐をはじめAKB48や福山雅治(43)ら20組のアーティストが出演する。今回の嵐の被災地訪問とミニライブの模様も織り込んで構成する。アーティストが一丸となって、被災地に“音楽のちから”を送り込む。

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


スポンサーサイト
コメント
對這個內容的評語
評語投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者只准許表示
 
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。