小嵐豆@Superboy-Arashi
嵐由Jr到現在超過2千張嵐的圖/相片、手提鈴聲、秘密、最新消息、下載(會員區/ScreenSaver/wallpapers)新聞、中文+羅馬歌詞、推出過的精品、成員介紹、番組、演唱會和出道至今的行程表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐・大野&相葉、主演タッグを同時発表
 嵐の大野智(31)と相葉雅紀(29)が、4月スタートの民放の連続ドラマで対決する。大野はフジテレビ系月9「鍵のかかった部屋」(月曜午後9時)に、相葉は日本テレビ系「三毛猫ホームズの推理」(土曜午後9時)にそれぞれ主演することが21日、各局から発表された。

 大野はフジの月9に初出演にして初主演。主人公が完全犯罪と思われた事件を解決していく1話完結の本格ミステリー。大野は勤務先の大手警備会社の備品倉庫で、日々セキュリティーの研究に没頭する防犯オタクを演じる。

 一方、相葉が主演する「三毛猫ホームズの推理」は人気作家赤川次郎氏の同名小説が原作。公私ともにダメな刑事が天才的な能力を持つ三毛猫ホームズに支えられ、難事件を解決していく姿を描く。


嵐の大野智(31)と相葉雅紀(29)が、4月スタートの民放連ドラで“ミステリー対決”することになった。大野はフジテレビ系月9「鍵のかかった部屋」(月曜後9・0)、相葉は日本テレビ系「三毛猫ホームズの推理」(土曜後9・0)に主演が決定。ともにそれぞれの局の連ドラでは初主演で、2人の演技合戦も見ものだ。

 相葉は日テレ系連ドラ初主演。挑むのは、累計発行部数2600万部という赤川次郎氏(63)の大人気ミステリー「三毛猫ホームズ」シリーズのドラマ版だ。

 主人公は、名刑事だった父親の遺志をついで刑事となったが、血を見ると貧血を起こし、高所も女性も幽霊も苦手で刑事を辞めたがっている警視庁捜査1課の片山義太郎。とにかく“ダメダメ”な刑事だが、人間の言葉を理解し天才的な推理力を持つ三毛猫・ホームズと出会い、名コンビで難事件を解決していく。

 同局制作側は「猫と主人公の丁々発止のおもしろさを前面に出す」。猫を擬人化した“化け猫ホームズ”が主人公と対話し叱咤する場面もあるといい、笑いもふんだんに織り込まれそうだ。

 赤川氏は「時代の最先端をいく嵐の相葉くんと三毛猫ホームズが出会って、どんな化学反応が起こるのか楽しみ」とコメント。相葉は「たくさんの人々に愛されている作品が原作で、とても緊張していますがすごく楽しみ。コミカルな部分と真剣な部分をバランスよく演じたい」と誓う。


嵐の大野智(31)と相葉雅紀(29)が、4月スタートの民放連ドラで“ミステリー対決”することになった。大野はフジテレビ系月9「鍵のかかった部屋」(月曜後9・0)、相葉は日本テレビ系「三毛猫ホームズの推理」(土曜後9・0)に主演が決定。ともにそれぞれの局の連ドラでは初主演で、2人の演技合戦も見ものだ。

 大野はフジ連ドラ初出演にして、いきなり月9主演の大役。しかも現在放送中の月9「ラッキーセブン」主演の“同僚”、松本潤(28)からバトンを受ける形で、2期連続で嵐が月9主演を務めることに。

 「鍵のかかった部屋」は作家、貴志祐介氏(53)の同名ミステリー小説が原作。大野は、難解な密室事件のトリックを謎解いていく大手警備会社社員・榎本径(けい)を演じる。

 この男、鍵や錠前の研究が大好きで「この世に破れない鍵はない」というほどの“マニア”。冷静沈着で一見近寄りがたい風体で、事件解決自体に関心はないが密室を破ることには恐るべき執念を燃やし、依頼された事件を結果的に解決する一風変わったヒーローだ。

 貴志氏は「このマニアックなシリーズがフジテレビの月9に起用されるとは、想像すらできませんでした」とコメント。一昨年から昨年にかけては日本テレビ系連続ドラマ「怪物くん」とその映画版で怪物くんを演じてきた大野は「久しぶりの人間の役。密室で僕と会おう!」と燃えている。


嵐の大野智(31)が、4月にスタートするフジテレビ系ドラマ「鍵のかかった部屋」(月曜、後9・00)に、相葉雅紀(29)が、やはり4月開始の日本テレビ系ドラマ「三毛猫ホームズの推理」(土曜、後9・00)に主演することが21日、分かった。両局から同時発表された。局の垣根を越えるのは異例だが、ともに謎解きをテーマにした作品で、人気の嵐のメンバーが主演を務めることから“メリット”が大きいと判断された。大野と相葉はエールを交換し、両番組のヒットへ向けて“共闘”を誓った。

 大野と相葉がそれぞれ他局で主演するドラマが、異例の同時発表となった。人気抜群の嵐のメンバーが挑むのは、ともに謎解きを題材にした作品。“宣伝効果”の倍増も期待できるため、フジテレビと日本テレビの垣根を越えた。嵐で過去に同様のケースはあったが、同時PRは初。

 2人はクランクインを前にエール交換した。大野が「お互いにセリフ合わせしようね!事件の解決に困ったら、いつでもボクに相談して下さい」と話せば、相葉も「お互いに謎が解けなくてもあきらめずに頑張ろうね。『謎が解けない』ミステリーにならないように!」と言葉を送り、健闘を誓い合った。

 別チャンネルで躍動する“ライバル”2人は、早くも撮影を乗り切った後の“慰労会”も予定。大野の趣味である釣りのほか、“差し”の飲み会を希望しているという。

 フジの連続ドラマに初主演する大野は、「鍵の‐」で難解な密室事件のトリックを解明する。大手警備会社所属の“防犯オタク”を演じ、知識に加え、洞察力と集中力で密室トリックを破っていく。昨年は「怪物くん」で映画に単独初主演した大野は「久しぶりの人間役です。また、今まで経験したことがない役どころなので頑張ります!密室で僕と会おう!」と気合を込めた。

 相葉も「三毛猫‐」が日テレの連続ドラマ初出演となる。原作は赤川次郎氏原作の「三毛猫ホームズ」シリーズ。血を見ては貧血を起こし、高所&女性恐怖症を抱えるダメ刑事を演じ、人間の言葉を理解する三毛猫と事件の解決を目指す。相葉は「とても緊張していますが、すごく楽しみ。コミカルな部分と真剣な部分をバランスよく演じることができれば」と意欲を見せた。



「嵐」の大野智(31)と相葉雅紀(29)がそれぞれ、4月にスタートするフジテレビと日本テレビの連続ドラマで主演することになった。大野は「鍵のかかった部屋」(月曜後9・00)で密室事件のトリックを暴く探偵役。相葉は「三毛猫ホームズの推理」(土曜後9・00)で三毛猫とのコンビで事件を解決する刑事役を演じる。

 2人は「無事に撮影が終わったら一緒にカンパイしようね!事件の解決に困ったら、いつでも僕に相談して」(大野)、「撮影が終わったら一緒に釣りに行こう。お互いに謎が解けなくても諦めずに頑張ろうね」(相葉)と局の垣根を越えてエールを送っている。

 「鍵のかかった部屋」は作家・貴志祐介氏の同名小説が原作。謎解きの中でも密室事件ばかりに焦点を当て、防犯コンサルタントの主人公が次々にトリックを暴く姿が描かれる。ドラマは1話完結型で展開する。

 大野はフジテレビの連続ドラマ初出演で、月9初主演。「怪物くん」のドラマ、映画の後だけに「久しぶりの人間の役。また、今までに全く経験したことがない役どころなので、頑張ります!密室で僕と会おう!」とコメントしている。

 一方、「三毛猫ホームズの推理」は作家・赤川次郎氏のヒットシリーズをドラマ化。主人公の刑事が、人間の言葉を理解し名推理を発揮する三毛猫の手助けを借りながら事件を解決する物語だ。

 血を見るのが苦手で女性恐怖症というダメ刑事役の相葉は「主人公のコミカルな部分と真剣な部分をバランスよく演じることができれば。小説に出てこない、ドラマならではのキャラクターも登場します」と話している。



アイドルグループ嵐の大野智(31)と相葉雅紀(29)が、4月スタートの連続ドラマで、それぞれ別のテレビ局のミステリー作品に主演することが、21日分かった。大野はフジテレビ系月曜午後9時の「鍵のかかった部屋」。相葉は日本テレビ系土曜午後9時の「三毛猫ホームズの推理」。2人は謎解きに挑む“同志”として、局間のカベを越えてエールを送り合った。

◆大野 警備会社の防犯オタク


 大野はフジ系月9ドラマ「鍵のかかった部屋」で、難解な密室トリックに挑む。演じる役は、大手警備会社で働く榎本径という男。ただの会社員ではなく、セキュリティーの研究に没頭する“防犯オタク”だ。


 冷静沈着な性格で物理や化学、建築にも詳しく「この世に破れない鍵はない」と豪語する榎本が、ひょんなことから密室殺人事件の真相解明を依頼される。殺人事件の犯人捜しには興味がないが、「密室」という言葉を聞くと表情が一変。膨大な知識と鋭い洞察力で、スタイリッシュに解決の糸口を見いだしていく。


 原作は人気ミステリー作家、貴志祐介氏の同名小説。小原一隆プロデューサーは「恋愛モノのイメージが強い月9で、あえて本格派ミステリーをやる。果敢な挑戦です。どことなく陰があり、スマートさや何げないセクシーさを持つ主人公には大野さんしかいない、と直感で思っていました」と大野への期待を明かした。


 大野は本作がフジ系の連ドラ初主演。10年から「怪物くん」のドラマと映画で大忙しだっただけに「久しぶりの人間の役です」と前置きしてから、「今までまったく経験したことがない役どころなので頑張ります。密室で僕と会おう!」と意気込みを語った。

◆相葉 高所&女性恐怖症の刑事


 相葉主演の日テレ系土曜午後9時「三毛猫ホームズの推理」は、赤川次郎氏による人気シリーズのドラマ化。血を見ると貧血になる、高所恐怖症、女性恐怖症というダメダメな刑事「片山義太郎」が、人間の言葉を理解する天才猫「ホームズ」の名推理によって難事件を解決していく。


 池田健司プロデューサーは「片山義太郎は、素直でみんなに愛される、ほうっておけないキャラクター。相葉さんが演じる姿が真っ先に頭に浮かんだ」と起用理由を説明する。相葉は「たくさんの人々に愛される原作とあってとても緊張しますが、すごく楽しみです。コミカルな部分と真剣な部分をバランスよく演じることができれば」と決意を語った。


 78年に始まった原作は累計2600万部を売り上げ、何度もドラマ化されている。赤川氏は「たいへん若々しいキャストで映像化されることになり、ことに時代の最先端を行く<嵐>の相葉君と三毛猫ホームズが出会って、どんな化学反応が起こるか。原作者として楽しみに成果を待ちたい」と期待を語った。


 本作では新たに、片山刑事とホームズが対話するシーンで、擬人化した“化け猫ホームズ”が現れる。相葉は「小説にない、ドラマならではのキャラクターも登場するので、お楽しみに」とアピールした。


 ◇猫は… 猫のホームズを演じるのは、1歳2カ月のスコティッシュホールドのメス「シュシュ」。昨年2月に相葉がレギュラー出演する日テレ系「天才!志村どうぶつ園」でテレビデビューしたとあって、相性抜群かも!?

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


スポンサーサイト
コメント
對這個內容的評語
評語投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者只准許表示
 
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。