小嵐豆@Superboy-Arashi
嵐由Jr到現在超過2千張嵐的圖/相片、手提鈴聲、秘密、最新消息、下載(會員區/ScreenSaver/wallpapers)新聞、中文+羅馬歌詞、推出過的精品、成員介紹、番組、演唱會和出道至今的行程表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木村拓哉「うれしい」SMAP朝ドラ歌
SMAPがNHK連続テレビ小説の主題歌を初めて担当する。女優堀北真希(23)が主演する「梅ちゃん先生」(4月2日スタート、月~土曜午前8時)の主題歌に、SMAPの新曲「さかさまの空」(発売未定)が決定したことを15日、同局が発表した。同枠の主題歌を担当するのは、ジャニーズ事務所タレントとしても初めて。国民的グループは意欲的に新しい仕事に取り組んでいる。

 NHK岩谷可奈子プロデューサーはSMAPの起用理由を「デビューから20年、日本のエンターテインメント界をけん引し、多くのファンを笑顔にしてきた彼らの歌声が1日のスタートを笑顔にしてくれると確信し、お願いすることになりました」と説明した。「梅ちゃん先生」は主人公(堀北)が町の医者として戦後の激動の中を生き抜いていく姿を描く。

 作詞はSMAPのヒット曲「Dear WOMAN」を手掛けた作詞家麻生哲朗氏が担当。同曲は女性への応援歌だったが、今回もドラマの内容から、頑張る女性を応援する内容の歌詞になる予定。また、朝のドラマにふさわしく、ミディアムテンポの明るくさわやかな楽曲になりそうだ。

 SMAPがNHKの連続テレビ小説に関わるのは初めてだが、89年「青春家族」に当時15歳の稲垣吾郎(38)が出演。木村拓哉(39)は「今回、主題歌という形で参加できてうれしいです。たくさんの方々の朝のひとときが、少しでも温かい気持ちになっていただけたらと思います」と話している。

 SMAPは昨年デビュー20周年を迎えた。北京で初の海外公演を行うなど、記念イヤーにふさわしい大きなイベントを行った。また、SMAPを長期間にわたって密着したNHKドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」(10月放送)は、番組史上最高視聴率の13・7%を記録。年末に拡大版が放送されるなど、常に動向は大きな注目を集めている。

 SMAPは20周年を迎えてもなお、常にチャレンジ精神をもって、積極的に新しい仕事に取り組んでいる。


人気グループ、SMAPがデビュー21年目にして初めてNHK朝ドラの主題歌を担当することが15日、明らかになった。新曲「さかさまの空」(CD発売は未定)が、女優・堀北真希(23)主演のNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(4月2日スタート 総合、月~土曜、前8・00)の主題歌に決まったもの。紅白の大トリを務めるなど国民的グループ・SMAPが国民的連ドラと初めてタッグを組み、日本の朝を元気にする。

 SMAPが、朝にふさわしい軽やかなナンバーで一日の始まりを後押しする。

 ドラマは堀北演じる下村梅子が、開業医として戦後の激動の中を生き抜いていく姿を描く。主題歌「さかさまの空」はこのドラマのために書き下ろされた。作詞は麻生哲朗氏、作曲・編曲を菅野よう子氏が手掛け、つまずいても前を向いて立ちあがろうとする女性を応援するミディアムナンバーとなっている。

 紅白歌合戦で大トリを務めるなど“国民的グループ”と呼ばれるSMAPと、1961年から脈々と続く国民的ドラマの初コラボ。SMAPはこれまで、メンバーが出演していないドラマの主題歌を担当したことがなく、今回は異例中の異例。今のところは今後もメンバーの出演予定はないという。

 NHKの岩谷可奈子プロデューサーは「デビューから20年、日本のエンターテインメント界をけん引し、多くのファンを笑顔にしてきた彼らの歌声が、一日のスタートを笑顔にしてくれると確信し、お願いすることになりました」と説明。「一歩ずつ未来へ進んでいく梅子とともに、この歌が半年間、番組をご覧いただくみなさんの力に少しでもなれたら」とヒットへの期待を込めた。

 SMAPの木村拓哉(39)は「今回、主題歌という形で参加できてうれしいです。たくさんの方たちの朝のひとときが少しでも温かい気持ちになっていただけたらと思います」とメッセージしていた。


「SMAP」がNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(4月2日スタート、月~土曜前8・00)の主題歌を担当することになった。楽曲は「さかさまの空」(発売未定)。過去に数多くのトップアーティストたちが手掛けてきた朝ドラ主題歌と、国民的グループの相乗効果で大きな話題を呼びそうだ。

 「梅ちゃん先生」は堀北真希(23)が主演。終戦直後に焼け野原となった東京・蒲田を舞台に、ヒロインが医師となり、地域の人々とたくましく生きる姿を描く。

 その物語にふさわしく、主題歌に起用された「さかさまの空」は、つまずいても立ち上がろうとする女性を応援するさわやかなナンバー。女性たちへの応援歌として06年に大ヒットした「Dear WOMAN」などの麻生哲朗氏が作詞。昨年のNHK紅白歌合戦のオープニング曲「1231」などを手掛けた菅野よう子さんが作曲した。

 ジャニーズ事務所所属のグループが朝ドラの主題歌を歌うのは初めて。SMAPがメンバーの出演予定がないドラマの主題歌を担当するのも初めてだ。

 91年のデビュー以来、さまざまな活動を通じて多くの女性たちを元気づけてきたSMAPだけに、岩谷可奈子プロデューサーは起用理由を「デビューから20年、日本のエンターテインメント界をけん引し、多くのファンを笑顔にしてきた彼らの歌声が、一日のスタートを笑顔にしてくれると確信し、お願いすることになりました」と説明。楽曲について「人々に支えられながら、医師となり地域医療を目指していくヒロインへの、そしてドラマをご覧いただいているすべての方への応援歌。“一歩ずつ”未来へ進んでいくヒロインとともに、この歌が半年間、番組をご覧いただく皆さんの力になれたらと思います」と紹介している。

 木村拓哉(39)は「主題歌という形で参加できてうれしいです。たくさんの方たちの朝のひと時に少しでも温かい気持ちになっていただけたら」と心境を明かしている。

 ≪ドリカム、ユーミン…過去にもトップアーティストズラリ≫過去に多くのトップアーティストが朝ドラ主題歌を担当。92~93年放送の「ひらり」は「DREAMS COME TRUE」、94~95年の「春よ、来い」は松任谷由実(58)。最近では07年の「どんど晴れ」を小田和正(64)、08~09年の「だんだん」を竹内まりや(56)が歌った。


人気グループ、SMAPが、4月2日にスタートするNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(月~土曜前8・0)の主題歌を担当することが15日、分かった。「復興」がテーマとなっているドラマのために書き下ろした新曲「さかさまの空」(発売日未定)で、朝の連ドラ主題歌は初めて。歌でエールを送る木村拓哉(39)は「朝の一時が少しでも温かい気持ちになっていただけたら」とコメントを寄せている。

国民的長寿ドラマ枠と昨年デビュー20周年を迎えた国民的グループが、日本にエールを送る。

 「梅ちゃん先生」は、終戦直後の東京・蒲田を舞台に、ヒロインの堀北真希(23)演じる町医者・下村梅子がたくましく生きる姿を描いた作品。東日本大震災を受けて「復興」をテーマに掲げ、視聴者に元気を与える内容になっている。

 同番組の岩谷可奈子プロデューサーは、「デビューから20年、日本のエンターテインメント界をけん引し、多くのファンを笑顔にしてきた彼らの歌声が、一日のスタートを笑顔にしてくれるはず」とラブコール。

 20周年を迎えたSMAPも、初の海外公演を成功させるなど音楽活動に邁進(まいしん)する一方、復興支援活動にも積極的に取り組んでいたこともあり、オファーに快諾した。朝の連ドラ主題歌は同グループ史上初で、メンバーが出演していないドラマの主題歌も初めてだ。

 新曲は、つまずいても前を向いて立ち上がろうとする女性への応援歌。ドラマの世界観に合わせて書き下ろされており、朝にふさわしいさわやかなナンバーに仕上がっている。

 「今回、『主題歌』という形で参加できてうれしいです」と初めてづくしの“国民的コラボ”に喜んでいるキムタクは、「たくさんの方たちの朝の一時が少しでも温かい気持ちになっていただけたらと思います」と歌での支援を約束。震災から1年、復興を目指す日本の大きな力となりそうだ。

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


スポンサーサイト
コメント
對這個內容的評語
評語投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者只准許表示
 
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。