FC2ブログ
小嵐豆@Superboy-Arashi
嵐由Jr到現在超過2千張嵐的圖/相片、手提鈴聲、秘密、最新消息、下載(會員區/ScreenSaver/wallpapers)新聞、中文+羅馬歌詞、推出過的精品、成員介紹、番組、演唱會和出道至今的行程表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今井翼ビックリ!東山と共演ダンス
タッキー&翼の今井翼(24)が20日、ソロツアー「Tsubasa Imai“STYLE”06」の東京公演を東京国際フォーラムで行った。「優しいだけのハーモニー」など2曲の自作曲を披露したほか、ダンスに重点を置いた躍動感あふれるステージを展開した。

 2度目のソロツアーとなる今回は、選曲、構成、衣装、振り付けなどすべてが本人プロデュース。タッキー&翼の新曲「Ho!サマー」では、来場していた東山紀之(39)とMAがステージに上がり共に踊る一幕も。

 今井は「緊張しましたが思い切ってやりました。ソロとしての今井翼を感じてもらえるよう思いを込めて作りました。ツアーを恒例にできるようにがんばりたい」と充実感を漂わせた。ツアーは10月1日まで7都市18公演5万300人を動員する。


人気デュオ、タッキー&翼の今井翼(24)が20日、東京・丸の内の東京国際フォーラムでコンサートを行い、昼夜2公演で計1万人を動員した。

昨年に続く2度目のソロ全国ツアーで、「自分のスタイルを伝えたいから」とツアータイトルを「スタイル」と命名。構成や選曲、10点もの衣装などを自身でプロデュースし、「3週間かけて、1つ1つの振り付けから決めました」という入魂のステージを展開した。

自作バラード「優しいだけのハーモニー」や、近藤真彦(42)から東山紀之(40)、そして今井へと受け継がれたフラメンコ調の名曲「アンダルシアに憧れて」に挑戦するなど、全25曲、2時間20分の見どころ満載のショーで魅了。昼の部では客席にいた事務所の先輩、東山が壇上に上がり、“タキツバ”の新曲「Ho!サマー」を共演した。


タッキー&翼の今井翼(24)が20日、単独ツアーの東京国際フォーラム公演でキレのあるダンスで観客を魅了した。単独ツアーは昨年に続く2度目。ステージは徹底的にダンスにこだわった。タッキー&翼の時は見た目も覚えやすい振り付けで「ファンと一緒に踊ること」を意識する。単独公演は難易度の高い動き、幅広いジャンルのダンスを取り入れた。

 きっかけはあこがれの先輩のひと言だった。昨年のツアー終了後、少年隊東山紀之(39)から「ジャニーズ事務所をはじめ、いろんなタレントがいるが、翼は自分が信じる道を貫けばいい」と激励された。

 13歳でジャニーズ事務所入り。ステージで少年隊をはじめ先輩のバックを務めていくうちにダンスの魅力にとりつかれた。この日は客席に東山の姿もあった。今回のツアー名を「STYLE」としたのは、東山の一言をきっかけに「ダンスの翼」というスタイルを築き上げる、決意表明でもあった。



昨年に続き2回目のソロツアー。今回は、前回以上にダンスに重点を置いた“翼スタイル”を前面に押し出した構成となった。

 場内が割れんばかりの大歓声を浴びながら、翼は「今回はお客さんに踊ってもらうことをテーマにしました」とスマイル全開であいさつ。テーマ通りに、翼は「タッキー&翼」の最新曲「Ho! サマー」の振り付けをステージからファンへ指導するサービスぶり。

 さらに、事務所の大先輩で少年隊の東山紀之(39)と4人組ユニット「MA(ミュージカルアカデミー)」がステージに登場。大先輩を前に緊張気味の翼だったが、東山にも振り付けを伝授した。

 ステージでは、翼のソロ曲「Never Ever」や「Get Down」など全25曲を、洗練されたダンスに合わせて披露、ファンに1年の成長ぶりをアピールした。

 翼はツアーについて、「曲の見せ方についても、みなさんに一つ一つ感じてもらおうと思って作った」と仕上がりに満足げ。「昨日(19日)の公演で、決めるところでステップしたら、クツが脱げた。でも、しっかり決めた」と苦笑し、精神面での成長ぶりもうかがわせた。

 今ツアーは、9月30日には名古屋国際会議場でも開かれ、10月1日の広島公演まで全国7都市18公演で、5万3000人の動員を見込んでいる。 



「タッキー&翼」の今井翼(24)が20日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで全国ツアーの東京公演を行った。ソロツアーは2年連続。構成や振り付け、10変化の衣装まで、すべて自らプロデュースするこだわりの“翼スタイル”を見せつけた。

 今井にとってうれしいハプニングも。客席にいた所属事務所の先輩・東山紀之(39)が満員の5000人から「ヒガシ!ヒガシ!」のコールを浴び「オレは(アントニオ)猪木じゃない」と照れながらも飛び入り。タキツバのノリノリの新曲「Ho!サマー」のダンスに加わり、強力バックアップした。

 今井は「あこがれの先輩。迷っていた時期に“自分を貫け”と電話をもらって」と極度に緊張しながらも、その後も得意のダンスを中心に堂々のステージング。「これからも踊って行きたい。これは毎年やりますよ」とソロツアーの恒例化をぶちあげた。


人気アイドルの今井翼(24)が20日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで2度目のソロツアー公演を行った。

 幕開けからダンス全開のステージ。踊りのシャープさを際立たせるため、女性ダンサーを初めて迎え入れるなど、1曲ごとに作り込んだ振り付けを披露した。

 昨年末の追加公演リハーサル中に左足小指を骨折。不完全燃焼に終わった悔しさをバネに、曲構成やバックダンサーの衣装まですべてにかかわり、自作曲も2曲用意して臨んだ。

 ダンスのお手本の東山紀之(39)が見守る中、「アンダルシアに憧れて」を披露。全25曲を歌った翼は「ソロ公演は恒例化します。これからもダンスにこだわって、進化した姿を見せたい」と話した。この日は昼夜2回で1万人を動員。ツアー(7都市18公演)は10月1日まで続く。

スポンサーサイト
コメント
對這個內容的評語
評語投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者只准許表示
 
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。