小嵐豆@Superboy-Arashi
嵐由Jr到現在超過2千張嵐的圖/相片、手提鈴聲、秘密、最新消息、下載(會員區/ScreenSaver/wallpapers)新聞、中文+羅馬歌詞、推出過的精品、成員介紹、番組、演唱會和出道至今的行程表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
滝沢秀明の光と影
人気デュオ「タッキー&翼」の滝沢秀明(24)が主演する東京・日生劇場の9月公演「One! -the history of Tackey-」(企画・構成・総合演出、ジャニー喜多川)の製作発表が14日、東京都千代田区の帝国ホテルで開かれた。滝沢の自叙伝をテーマにした舞台で、24年間の軌跡から苦悩まで、これまで明かされることのなかった“マル秘エピソード”が満載。滝沢は「今自分が生きていることを実感しながら演じたい!!」と意気込んだ。

 今年3、4月の時代劇ミュージカル「滝沢演舞城」で、東京・新橋演舞場の男性史上、最年少座長を務めたタッキーが、今度は初代ジャニーズや少年隊ら数々の大先輩が立った伝統ある大舞台に初見参する。

 新たな“滝沢ワールド”は、約2時間半の2部構成で、第1部は、滝沢の生い立ちから24歳の現在までの軌跡を、実際の映像や写真を使用しながら紹介。第2部は、「現在の滝沢秀明」として、ショーやライブで盛り上げる。共演はA・B・C・、Kis-My-Ft2やJ・J・ExpressらジャニーズJr.の後輩ユニットが予定されている。

 初めて自分自身を演じるにあたり、滝沢は母親に過去のエピソードを“取材”。自身の記憶と織り交ぜながら書類を作成し、ジャニー喜多川社長に提出した。

 この日の会見では、その中でも衝撃的なエピソードが、滝沢の口から語られた。

 「親が亡くなったり、離婚したりと、子どもにもいろんな歴史があります。実は僕自身も親が離婚していまして、そういう経験をしているからこそ語れる部分を描きながら、メッセージ性のある作品にしていきたい」

 喜多川社長によると、滝沢の両親は、滝沢が幼いころ離婚。滝沢が提出した書類の中には、離婚で経済事情が苦しくなり、母親が食費を切り詰めて作っていたツナ入りギョウザが、普通のギョウザだと思いこんでいたことなどが、赤裸々に記されていた。

 「人間は、いいことも悪いこともある。そのときはつらくても、その日、その瞬間を大事にしようという、当たり前だけど忘れかけていることを再認識できました」。トップアイドルの陰にひそむ悩みや孤独、それに立ち向かう勇気や希望…。誰も知らなかった“素顔”の滝沢秀明が、まもなく語り継がれる-。

 9月5日から同28日まで全37公演。金曜日は休演日で、初日と千秋楽以外は、昼夜2公演を行う。

 チケットの前売りは、チケットホン松竹(電)03・5565・6000や、電子チケットぴあ、CNプレイガイドなどで8月19日午前10時から開始。 (江川悠)

第2部はイリュージョン
 今作では、劇場の都合でフライングやバンジージャンプなどジャニーズのお家芸は封印されるが、第2部では、滝沢によるイリュージョンが大きな見どころのひとつだ。

 滝沢は6月上旬、“武者修行”のため約1週間、米ラスベガスに滞在し、本場のショーを研究。一方で、世界的イリュージョニストのフランツ・ハラーレイ氏とともに郊外の砂漠に向かい、朝から晩までマジックの練習を繰り返した。この際に収録したVTRを使用し、今回の舞台で同氏との“強力コラボ”が実現する。


人気アイドル・滝沢秀明(24)が自身の半生を演じる公演「One! the history of Tackey」(9月5~28日、東京・日生劇場)の製作発表が14日、都内で行われた。

 2部構成の1部では、生まれた時から24歳までの、現実にあったエピソードを物語化。死を前にした“おじいちゃん滝沢”が回想する形で描く。

 滝沢は幼少のころ、両親が離婚。母親の元で育った。舞台化にあたり、母親に子供時代の自分を“取材”し、リポートにして提出。出産時、分べん室に間に合わず、病院内のベンチで誕生したこと。また、母親が生活を切りつめるため、ギョーザの具を肉ではなくシーチキンにしたエピソードを包み隠さず書き留めた。これらの初めて明かされる実話が、舞台上で演じられる。

 滝沢は「親が亡くなったり離婚した子供の寂しい思いは、経験したぼくだからこそ語れる」とすべてをさらけ出す覚悟。13歳でジャニーズ事務所入りし、20歳でCDデビュー。トップアイドルに成長する過程で「華やかな世界の裏側も経験した」と滝沢。しかし、企画・構成・総合演出のジャニー喜多川社長は「悲劇にはしたくない。死ぬ時、幸せで充実していた人生だったと振り返る物語」と説明した。

 24年間の写真やVTRも盛り込まれる予定。滝沢は「家族で見てもらいたい。親も子も共感できる、とてもメッセージ性の強い作品になる」と力を込めた。2部では、ラスベガスで習得したマジックや、歌やダンスなどが披露される。


滝沢秀明(24)が不遇だった生い立ちを明かし、子供たちを勇気づける。リサイタルショー「One!」(東京・日生劇場、9月5日初日)の制作発表が14日、都内で行われ、これまで語られることがなかった、子供時代の秘話が続々登場することが分かった。

 アイドルスターが自分の子供時代の実話を舞台化する異色の公演。構成と総合演出を手掛けるジャニー喜多川氏は、劇中で紹介されるエピソードの一端を明かした。滝沢は病院内のベンチで誕生した。母親が病院に到着した時、分べん室が空いておらず、仕方なく緊急措置がとられたという。

 両親が幼少時に離婚したことも明かされる。母親の手で育てられた少年時代は、経済的に恵まれなかった。母親は、ギョーザの中身を肉より安価なツナを使うなどして、食費を切り詰めていたという。再婚で名字が滝沢姓に変わったことをなかなか受け入れることができなかったという、複雑な思いも紹介される。

 滝沢は舞台化が決まると、母親から話を聞き、1週間かけてリポートをつくって喜多川氏に渡した。「最初はみなさんが知らなくてもいいことではと思いましたが、格好つけず飾らないで、僕の精神的部分を伝えてもいいかなと思いました」。真意は別にある。「環境の中で子供がどんなことを考えているのか、暗くならないよう、メッセージとして伝えたい。つらく寂しい思いをしている子供や親のみなさんに共感してもらえれば」と訴えた。喜多川氏も「悲話を売りものにするのではありません。幸せとは何かと考える機会になれば」と説明している。


滝沢秀明(24)が自らの半生を演じる舞台「One!―the history of Tackey―」(東京・日生劇場、9月5~28日)の製作発表が14日、都内で行われた。

 アイドルがプライベートをさらけ出す挑戦的な内容。滝沢は「両親が離婚して、子供の頃、いろんなことを考えた」と公にしてこなかった家庭環境に言及。「格好つけてもしょうがない。華やかな僕だけじゃなく、舞台裏の僕を出してもいいんじゃないかと思った」とアイドルならではの苦悩を明かすことも決めた。

 母親から自分の子供時代を取材し“タッキー史”を作成。病院のベンチで生まれた秘話から、母の再婚など家族とのかかわり、年老いた後、死を迎える場面も描く。

 第2部後半はショーで「普段の滝沢をお見せすることも考えています」。企画・構成・総合演出のジャニー喜多川氏は「悲劇にはしません。明るく描きたい」と話した。
スポンサーサイト
コメント
對這個內容的評語
評語投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者只准許表示
 
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。