小嵐豆@Superboy-Arashi
嵐由Jr到現在超過2千張嵐的圖/相片、手提鈴聲、秘密、最新消息、下載(會員區/ScreenSaver/wallpapers)新聞、中文+羅馬歌詞、推出過的精品、成員介紹、番組、演唱會和出道至今的行程表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEWS手越時代劇でドラマ初主演
人気グループ「NEWS」の手越祐也(19)が、今秋放送のフジテレビのスペシャル時代劇「しゃばけ」でドラマに初主演する。22日に京都でクランクイン、駕籠(かご)に乗るシーンなどを収録した。

 舞台は江戸時代の日本橋で、出演者の約半分が妖怪という異色時代劇。手越演じる回船問屋の若旦那(だんな)が妖怪とともに奇妙な連続殺人事件のナゾに迫る。原作は畠中恵さんの人気小説シリーズで、160万部のヒット作。同局ではシリーズ化を視野に入れている。

 手越は「初主演で(作品に)日に日に愛情が増しています。時代劇と聞いたときは(言葉遣いなどが難しく)ヤバイと思いました」と笑顔。時代劇も初挑戦で「カツラと着物を身につけると気が引き締まりますね」と話していた。

 大衆演劇で活躍し天才女形と評判の“流し目王子”こと、早乙女太一(15)が妖艶な妖怪「鈴彦姫」を演じるのも見どころ。谷原章介(35)、高杉亘(42)、宮迫博之(37)らも出演。


アイドルグループ、NEWSの手越祐也(19)がフジテレビ・関西系「しゃばけシリーズ第1弾『しゃばけ』」(今秋放送)でドラマ初主演することが22日、分かった。同作は江戸を舞台にした妖怪推理捕物帳で、早くもシリーズ化が決定。手越はそのすべての主演を務めることになる。時代劇で初主演に臨む手越は「今はとにかく“夢中”でやりたい」と体当たり演技を約束した。

 ドラマ「マイボス☆マイヒーロー」などに出演し、役者としても評価を得た手越の初主演作は、現代ものでも恋愛ものでもなく、意外にも江戸を舞台とした時代劇。妖怪と会話できる能力を持つ手越演じる若だんな・一太郎が、妖怪たちの協力を得て奇怪な事件の謎を解いていく。

 まげ姿で画面狭しと暴れまくることになる手越は、畠中恵さんの同名ファンタジー小説シリーズの映像化に「話を聞いたときはすごくうれしかったのですが、時代劇と聞いて、『ヤバイ』と思った」と第一印象。それでも、原作を読み、加えて江戸研究本を読みあさり、時代ものへのプレッシャーをぬぐい去った。

 シリーズ第1弾の今回は、この日から京都の撮影所で撮影を開始。谷原章介、宮迫博之、十朱幸代ら個性豊かな役者陣が妖怪にふんするほか、フルCGで江戸の街を再現し、妖怪も特殊メークやVFX(視覚効果)を駆使し、迫力ある映像が展開されることになる。

 撮影初日から気温35度の暑さに負けない熱い演技を見せた手越は、「妖怪というアドベンチャー的な夢のある世界と、家族の大切さなどが描かれていて密度の濃い内容。ほわっとしたと思えば、ヒュッと作品に引き込まれる。今はとにかく“夢中”でやりたい」と全力疾走を宣言。シリーズ化も決まっており、若だんな役をどこまで自分のものとするか、手越の奮闘が楽しみだ。


人気グループ、NEWSの手越祐也(19)が今秋放送のフジテレビ系時代劇ドラマ「しゃばけ」でドラマ初主演することが22日、分かった。第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞の人気シリーズ小説が原作。手越は妖怪が見えて、話ができる不思議な能力を持つ日本橋の大店の若だんなを演じる。この日、炎天下の京都でクランクインし、「今はとにかく夢中でやりたい」と意気込みを語った。





 初めてのカツラと着物、足袋に草履。慣れない装束に身を包み、中学の修学旅行以来、訪問は2度目という京都で、手越は頑張ってます。

 「しゃばけ」は、病弱に育った大店の若だんな・一太郎が主人公。5歳の時に、鳴家(やなり)と呼ばれる小鬼の妖(あやかし)と友達になったのをきっかけに、ほかのさまざまな妖怪たちと協力して難事件を解決する。

 撮影は京都市山科区の随心院でスタート。暑さで汗がたくさん出て、病弱な設定が元気いっぱいの男の子に見え、スタッフと笑いあう一幕も。

 「出演の話があったとき、時代劇と聞いて、言葉づかい一つとっても難しいので、ヤバイ!と思った」と手越。だが、「原作がおもしろく、妖というアドベンチャー的な夢のある世界と家族の大切さなど、色々なものが描かれていて密度が濃い」と作品にひかれ、江戸について研究した本などを読み準備。初の主演作ということもあって、今は「作品への愛情が日に日に増している」という。

 フジの喜多麗子プロデューサーは、一太郎というキャラクターについて「時代劇にニューヒーローの誕生です。かわいい若だんな姿の手越さんは、老若男女の注目を浴びること間違いなしです」と自信たっぷりだ。

 登場人物は半分以上が妖役。独創的でかわいらしく、特殊メークなどを駆使、江戸の町はフルCGで再現する。

 その妖たちになるのが、谷原章介、高杉亘、宮迫博之、早乙女太一、山田花子、十朱幸代。どんな姿で登場するのか必見。ほかに志垣太郎、真矢みき、岸部一徳、岡田義徳らが出演する。


■「しゃばけ」
 原作者は畠中恵さん。江戸時代を舞台にした推理捕物帖。現在第6弾まで発売中(新潮社)で、計160万部の大ベストセラー。「娑婆気(しゃばけ)」とは、現世に執着する心、の意味。


人気グループNEWSの手越祐也(19)が、フジテレビ系SF時代劇「しゃばけ」(今秋放送)でドラマ初主演することになり22日、京都市内で収録に初参加した。原作は、シリーズ160万部突破した畠中恵さんの人気小説「しゃばけ」「ぬしさまへ」。手越は日本橋の名店・長崎屋の若だんなを演じ、妖怪たちとともに奇怪な事件を解決していく。

 ドラマ初主演作が異色時代劇となった手越は「最初はすごくうれしかったのですが、時代劇と聞いて『やばい』と思いました」と正直な感想。ただ、原作を読み「まやかしというアドベンチャー、家族の大切さも描かれていて内容も濃くすごく面白い。江戸を研究する本も読んで準備してきました。日に日に愛情が増しています」と気合十分だ。

 今後は京都での収録が続くが、中学の修学旅行以来2回目とか。初めてのカツラに悪戦苦闘しながらも「ほわっとしたと思えば、ヒュッと作品に引き込まれるドラマ。とにかく夢中でやりたい」。共演は長崎屋の手代役で谷原章介、高杉亘ら。宮迫博之、早乙女太一らが妖怪にふんして出演する。


人気グループ「NEWS」の手越祐也(19)が、フジテレビ系=東海テレビのスペシャルドラマ「しゃばけシリーズ第1弾『しゃばけ』」(秋放送予定)で、ドラマに初主演することが22日、発表された。

 シリーズ累計160万部を突破した作家の畠中恵さんの人気シリーズ小説(新潮社)が原作。舞台は江戸時代後期。人間と妖怪が奇怪な事件の謎を解く異色時代劇で、「映像化は困難」ともいわれたが、ドラマではVFX(視覚効果)を盛り込んでファンタジー要素満点に描かれる。

 手越は、日本橋の大店(おおだな)・長崎屋の跡取り息子で若だんなの一太郎役。病弱だが子どものころから妖怪と会話ができる設定だ。

 撮影はすべて京都で行われ、この日クランクイン。手越は「ドラマ初主演ですので、日に日に愛情が増しています」と感激いっぱい。中学の修学旅行以来2度目の京都で、いきなり時代劇に初挑戦するが「(言葉遣いなど)『ヤバイ』と思いました。江戸を研究する本を読んで準備しました」と真剣に取り組んでいる。

 出演者の半分以上が妖怪の異色作だが、「いろいろなものが描かれて密度が濃い内容。今はとにかく“夢中”でやりたい」と“初共演”も楽しんでいる。

 ほかに、谷原章介(35)、高杉亘(42)、宮迫博之(37)、山田花子(32)、真矢みき(42)、十朱幸代(64)、大衆演劇の早乙女太一(15)らが出演。


http://picasaweb.google.com/ininshop

View my Auction 



loinlong.gif


banner.gif

スポンサーサイト
コメント
對這個內容的評語
評語投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者只准許表示
 
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。