小嵐豆@Superboy-Arashi
嵐由Jr到現在超過2千張嵐的圖/相片、手提鈴聲、秘密、最新消息、下載(會員區/ScreenSaver/wallpapers)新聞、中文+羅馬歌詞、推出過的精品、成員介紹、番組、演唱會和出道至今的行程表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堂本剛の曲が故郷・奈良の“駅メロ”に
KinKi Kidsの堂本剛(32)が、自身の作詞作曲で昨年4月発売のソロ曲「縁(えに)を結いて」が、近鉄の5駅で特急の発車メロディーとして採用されることが9日、決まった。奈良出身で奈良市観光特別大使を務める縁から。奈良線の近鉄奈良駅、橿原線の橿原神宮前駅、京都線の京都駅、大阪線の大阪上本町駅、南大阪線の大阪阿部野橋駅で20日から約1年間使用される。

奈良市出身のKinKi Kids・堂本剛(32)のシングル曲「縁(えに)を結いて」が、近鉄奈良駅など5駅で発車メロディーに使用されることが9日、分かった。20日から約1年間、特急列車の出発予告放送として流れる。

 故郷を大切にする剛の思いがかなった。かねて「奈良のために何かをしたい」と公言していたところ、関係者を通じて、近鉄側から打診があり快諾した。「縁を‐」は「美しきくに…日本」をテーマに剛が作詞、作曲し、昨年4月に発売されてヒットした。今回は発車メロディー用にアレンジされ、剛が監修。近鉄奈良、橿原神宮前、京都、大阪上本町、大阪阿部野橋の各駅で放送される。

 剛は08年から奈良市観光特別大使を務め、09、10年に世界遺産の薬師寺、09年には飛鳥の石舞台前でライブを行っている。

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


スポンサーサイト
堂本剛把個唱搬上大銀幕
KinKi Kids成員堂本剛把去年於平安神宮舉行的個唱搬上大銀幕,獲港、台等地斟洽放映權,前日他出席試映會時表示期待成事。

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


堂本剛、“心の復興”支援する
KinKi Kidsの堂本剛(32)のライブを映画化した「平安結祈 heianyuki」(監督堤幸彦、24日~3月11日公開)の完成披露試写会が20日、都内で行われた。

 昨年9月の平安神宮公演をフィルムに収め、「ライブを超えたライブ、映画のようで映画でない」と出来栄えに満足げ。「昨年は東日本大震災や水害など、さまざまな力と人間の戦いがあった。今の日本に大切な絆などが生み出した作品。僕らの日々が安らぎに向かっていけば」と話した。台湾や香港でも公開のオファーがあり「日本にとどまらず、世界に思いが飛んでいけば面白い」と話した。


KinKi Kidsの堂本剛(32)が20日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われたライブ映画「堂本剛 平安結祈heianyuki」(堤幸彦監督、24日~3月11日まで期間限定公開)の完成披露試写会に出席した。

 昨年9月に京都・平安神宮で行ったソロライブの映像化。東日本大震災以降、さまざまな力との闘いや共存を目の当たりにし、「日本人の心を思い出しながら、音楽を超えた音楽を奏でたいと思った」と振り返り、「今の日本に大切な絆、ご縁が生み出した作品だと思う」と胸を張った。

 また、被災地となった東北3県や沖縄県での追加上映も発表された。


「KinKi Kids」の堂本剛(32)が20日、都内で、昨年9月に行った平安神宮ライブ公演を映画化した「平安結祈 heianyuki」(24日~3月11日、期間限定公開)の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した。

 堂本が堤幸彦監督(56)と約14年ぶりにタッグを組んだ作品は、TOHOシネマズなど全65劇場で公開を予定していたが、3月末に東日本大震災被災地の福島、宮城、岩手の3県と沖縄での追加上演が決定。作品を通じて、被災者の“心の復興”を祈る堂本は「いろんな場所に『平安結祈』のメッセージが届いていくのは、うれしいこと」と喜んだ。

 さらには、台湾などアジア各国から上映を望む声が上がっており、堂本本人も現地上映を熱望している。

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


光一カンゲキ!森光子から近影写真エール
KinKi Kidsの堂本光一(33)が主演する舞台「Endless SHOCK」の東京・帝国劇場公演が7日開幕し、女優の森光子(91)が自身の近影写真を製作の東宝を通じて光一に贈り激励した。

 写真は先月22日に都内で撮影。森が「SHOCK」のチラシを頭の上に掲げている。東宝関係者によると、この日の公演観劇に招待したが、森は「自分が行くと迷惑がかかる」と辞退。代わりに「光一さんに何らかのエールを送りたい」との森の希望で、自らポーズを取ったという。

 開演前の会見時に東宝関係者が光一にサプライズで写真を渡すと、光一は「笑顔で元気そう」と大感激。「森さんにはいつも無償の愛を感じている。その思いも乗せてステージに立ちたい」と表情を引き締めた。

 森は10年2月6日の主演舞台「新春 人生革命」千秋楽以来、公の場には姿を見せていない。近影写真は昨年1月発行のムック本「帝劇ワンダーランド」用に10年11月末に撮影したもの以来という。同作の帝劇公演は4月30日まで。


KinKi Kidsの堂本光一(33)が主演するミュージカル「Endless SHOCK」が7日、東京・丸の内の帝国劇場で開幕した。

 同所での上演は震災の影響で中止された昨年3月11日以来。1月には福岡で初の地方巡演を行ったが「帝劇で生まれた舞台。いろんなことを考えました」とあらためて喜びをかみしめた。

 00年初演で、834回目。4月30日まで105公演を予定し、3月30日には故森繁久弥さん(享年96)が「屋根の上のヴァイオリン弾き」で達成した通算主演900回に並ぶ。福岡公演から故マイケル・ジャクソンさん(享年50)の振り付けで知られるトラヴィス・ペイン氏(40)の担当シーンが加わった。

 初演から見守ってきた森光子(91)の“応援写真”も届いた。「SHOCK」のチラシを高々と掲げた姿で先月22日に撮影。「自分が行くと迷惑が掛かるが、エールを送りたい」と考えたという。森の近影が公開されたのは昨年1月以来。光一は「無償の愛を感じております。森さんの思いも乗せてステージに立ちたい」と表情を引き締めた。


KinKi Kidsの堂本光一(33)が座長を務めるミュージカル「Endless SHOCK」が7日、東京・帝国劇場で初日を迎えた。3カ月のロングラン公演期間中、故・森繁久彌さんが舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」で達成した主演舞台900回記録を更新する堂本には、同2017回を持つ女優・森光子(91)もポスターを持った自身の近影写真とともにエールを送った。

 3カ月のロングランで森繁さん超えを目指す光一に、大先輩から力強い激励が届いた。初演のころから堂本の舞台を見守り続けてきた森光子から、「光一さんへ何らかのメッセージを送りたい」と、SHOCKのポスターを掲げた近影写真が贈られた。

 元気な笑顔を見せる森だが、近影写真の公開は、2011年1月発刊のムック本「帝劇ワンダーランド」以来、約1年1カ月ぶり。「私が行くと皆さんに迷惑がかかる」と観劇でなく、写真での激励にとどめたという。先輩の心遣いに堂本は、「無償の愛を感じます。楽屋に飾りたい」と、大記録達成を前に喜んだ。

 舞台では、森のエールを胸に初日から躍動した。昨年3月11日の東日本大震災での中止以来約11カ月ぶりの帝劇公演に、「ここで生まれたSHOCK。いろんな思いが込みあげました」と、恒例のフライングから、マイケル・ジャクソンの振り付けで知られるトラヴィス・ペイン氏が手掛けたナンバー「Higher」も帝劇初披露した。

 1月に終えた博多座公演では約2キロ体重が落ちたタフな公演は、約3カ月続く。3月30日夜の部では、森繁さんが達成した900回主演舞台記録に並び、その先には森光子が「放浪記」で達成した2017回が待っている。

 「森さんの思いを胸に帝劇に立ちたい」‐。金字塔を打ち立てた大先輩に少しでも近づくべく、堂本は舞台に立ち続けることを誓っていた。


SHOCKが帝劇に帰ってきた。KinKi Kidsの堂本光一(33)が主演する人気ミュージカル「Endless SHOCK」(作・構成・演出ジャニー喜多川)が、1月の博多座公演を無事に終え、7日に東京・丸の内の帝国劇場で初日を迎えた。東日本大震災で上演中止となってから11カ月ぶりのホームグラウンド。光一は「SHOCKはこの場所で生まれたもの。いろんな思いがある」と、舞台に立つ喜びをかみしめた。

 「ずっとやってきた場所なので、『あ、これだな』って感覚があるんです」。00年の初演からのホームグラウンド。博多座から帝劇に帰ってきた光一は、開演前の会見で顔をほころばせた。昨年3月11日、昼公演の幕あいに地震が発生し、全日程が上演中止になった。今年はSHOCKでは初となる、帝劇で3カ月のロングラン。「いろんな期待が込められているととらえて、一公演一公演を全力でやっていきたい」とあらためて決意を語った。

 この日は、今年から第二幕に加わった新ナンバー「Higher」を振り付けした米国の振付師で、故マイケル・ジャクソンさんとの仕事で知られるトラビス・ペインさん(40)も来場。公開通しげいこと夜の公演を見て、「とてもエキサイティングだった。何年も続いているショーとカンパニーに仲間入りできて光栄です」とSHOCKへのリスペクトを明かした。

 そのダンスの激しさについて、光一は「トラビスのナンバーって、本当にしんどいんですよ!」と力説。「博多座で一回、重心を低くして足を動かすところで足がパンパンになって、生まれたての子鹿みたいになって…。これはいかん、と自分を鼓舞しました」と苦労を明かした。

 光一のダンスはパーフェクトでしたか、と聞かれたトラビスさんは「もちろん。とても誇りに思う」ときっぱり。さらに「役者、シンガー、ダンサーとして、そして人としてもすばらしい。僕はフライングが大好きだから、教えてほしいくらいだよ」と愛着たっぷりに語っていた。

◆森光子から「笑顔」のエール
 光一と親交があり、SHOCKを初演から見続けている女優森光子(91)がこの日、関係者を通じて、先月22日に撮影した写真を光一に届け、エールを送った。都内のホテルで食事した際に撮影したもので、森はSHOCKのチラシを両手で頭上に掲げ、にっこり笑っている。近影の公開は、昨年1月の書籍「帝劇ワンダーランド」(10年11月撮影)以来。光一は「食事を差し入れてくれたり、いつも気に掛けてくれて…。無償の愛を感じております」と感激していた。

 製作の東宝は森を初日公演に招待したが、森は「私が行くとみなさんに迷惑がかかる」と自身に注目が集まってしまうことを懸念し、写真を届けることにしたという。

◆3カ月ロングラン!故・森繁さんに並ぶぞ
 この日の公演は通算834回目。3月30日の夜の部で、故・森繁久弥さんのライフワークだった舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」の主演回数「900」という大記録に並ぶ。全公演即日完売という高い人気のまま、来年は1000回の大台を迎えることになりそうだ。

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


平安神宮ライブを映画化 堂本剛「あの空気を感じて」
KinKi Kidsの堂本剛(32)が昨年9月に京都・平安神宮で行ったソロライブが、2月24日から3月11日まで全国60館以上の映画館で限定上映されることが20日、分かった。

 「堂本剛 平安結祈heianyuki」と題し、映画「20世紀少年」などで知られる堤幸彦氏(56)が監督。故郷の奈良と、京都でのライブは2009年以降、剛の“ライフワーク”として開催。剛は「この劇場上映を見ていただければ自分の知らなかった自分が現れると思います」とコメントしている。


 「KinKi Kids」の堂本剛(32)が昨年9月に行った京都・平安神宮ライブが映画化される。「平安結祈heianyuki」で、堤幸彦監督がメガホンを取った。

 2人のタッグは「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」以来14年ぶり。レーザー光線などで照らし出された仏閣を背に「美我空」などを熱唱する姿を収録。剛は「何ひとつ飾ってないありのままの自分を撮っていただきました。ぜひ、あの日の、あの場の空気を劇場で感じてください」。

 堤監督は「物語ではなく、より堂本剛個人の人間性に触れられる“音楽”での仕事ができたことがうれしかった」と話している。公開は2月24日~3月11日。


昨年9月4日に行われたKinKi Kids・堂本剛(32)の京都・平安神宮ライブが、「平安結祈 heianyuki」として映画化されることが20日、分かった。ライブ映像の映画化は、ジャニーズ事務所の所属アーティストで初めて。

 手掛けた堤幸彦監督(56)と剛は、97年の映画「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」以来のタッグとなった。タイトル「平安結祈」を剛が考案した今作は、堤監督によるカメラワークや編集を取り入れた、新たなライブ映像として完成した。

 当初は映画化の予定はなかった。昨年7月ごろ、剛が堤監督に記録などのためとして、ライブの撮影を依頼。今月初旬になって、2人が「映画にしたら面白そう」と話し、2月24日からの“スクランブル上映”が決まった。約4カ月前の感動を忘れていない剛は「ぜひあの日の、あの場の空気を劇場で感じて下さい」とアピールした。3月11日まで全国60館以上で限定特別上映される。


KinKi Kids堂本剛(32)のソロライブ映像が映画館で上映される。昨年9月2、4日に行った京都・平安神宮公演の映像が2月24日から約2週間限定で、全国のTOHOシネマズなど60館以上で上映されることが20日、発表された。題名は「堂本剛 平安神宮公演2011 限定特別上映 平安結祈 heianyuki」。約70分の映像で、映画「20世紀少年」などで知られる演出家で映画監督の堤幸彦氏(56)がメガホンを取った。

 堂本は09、10年に奈良・薬師寺で、10、11年に平安神宮でソロ公演を開催。日本を深く見つめた楽曲を古都で演奏する試みをいつか映像化したいと考えていたという。だが、映画館上映が決定したのは、昨年の平安神宮公演終了後だった。

 堤氏は堂本主演映画「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」(97年)などを手掛けていることから、堂本側は「ありのままの姿を撮ってもらえる」としてオファー。堤氏も快諾して公演撮影を行った。その後、映画館上映の話がトントン拍子で進んだという。

 堂本は「日本の幸せ、世界の幸せを祈りながら舞台に立たせていただきました。堤監督には何一つ飾ってない、ありのままの自分を撮っていただきました」と話している。


人気デュオ「KinKi Kids」の堂本剛(32)がソロプロジェクトの一環として昨年9月に京都・平安神宮で開催したコンサートを、堤幸彦監督(56)が約70分の映画にして、全国で上映されることが20日、発表された。

 同映像は「堂本剛 平安神宮公演2011 限定特別上映 平安結祈 heianyuki」と題され、2月24日から3月11日の期間限定で、全国のTOHOシネマズ他60館以上で上映される。堂本と堤監督は、堂本の主演映画「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」以来約14年ぶりのタッグとなる。

 日本を深く見つめて制作した楽曲を古都で演奏する、2009年から始まった堂本の“神社仏閣ライブ”は、音楽愛好家らに広く支持され、チケットは入手困難の人気ライブ。いずれは映像化して多くのファンに伝えたいと主催者側が考え、堤監督にライブ映像の撮影を依頼した。当初は映画化の話はなかったが、縁あってこのほど上映が決定したという。堂本は「堤監督には何一つ飾ってないありのままの自分を撮って頂きました。ぜひ、あの日の、あの場の空気を劇場で感じてください」とコメントしている。

http://picasaweb.google.com/ininshop
http://myworld.ebay.com.hk/inininshop/
http://myworld.ebay.com.hk/gigatoptoptop/

loinlong.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。